2014年3月17日(月)にナレッジシアターにて開催された「Knowledge Innovation Award 2013」の企画・プロデュースを担当しました。

 

ナレッジ・イノベーション・アワードは、知的創造拠点「ナレッジキャピタル」が目指す、多様なアイデアによって世の中に変革を起こす 【ナレッジイノベーション】の具体的成果を、毎年アワードという形で広く社会に発信する取り組みです。
応募対象は、ナレッジキャピタル参画者の方々が今年度に行ってきたあらゆる活動成果です。展示・プロダクトなどを対象とした「モノ部門」、ワークショップ・イベント・プロジェクトなどを対象とした「コト部門」の2部門で実施。

 

第1回目である2013年度は両部門合わせて92の応募があり、一次選考、二次選考を経て、最終選考会・発表・授賞式が行われました。
当日は、最終ノミネート20組による熱のこもったプレゼンテーションが行われ、ナレッジイノベーショングランプリ、優秀賞、特別賞が決定。また、一般からのWEB投票により決定したオーディエンス賞の発表と授賞式も行われました。

 

一橋大学イノベーション研究センターセンター長 教授の延岡健太郎氏による基調講演「新しい価値づくりに向けて~ワクワクする意味的価値とは?~」も行われました。

 

【公式HP】
Knowledge Innovation Award