language :

銀河鉄道の夜

ナレッジキャピタル総合プロデュース業務の一貫として、ナレッジシアターこけら落とし公演、「ロボット演劇版 銀河鉄道の夜」の企画・デザインディレクションを担当しました。

宮沢賢治原作の名作を題材に、大阪大学教授で劇作家の平田オリザ氏による脚本・演出で構成しています。演者には、ロボット・アンドロイド開発者の大阪大学 石黒浩教授により開発されたロボビー(Robovie R3)と、吉本興業所属の女優を起用することで、ロボットと人間の共演をおこないました。

ナレッジシアターのこけら落とし公演に相応しい、最先端技術と芸術、エンターテインメントが融合した画期的な舞台として、世界で初めての公演を実現しました。

 

http://kc-i.jp/event/galaxy/

 

公演期間 2013年5月2日(木)~5月12日(日) 11日間 全26回
作/演出 平田オリザ(大阪大学教授・劇作家)
会場 ナレッジシアター(うめきた・グランフロント大阪 ナレッジキャピタル4階)
主催

ロボット演劇版「銀河鉄道の夜」制作実行委員会(有限会社アゴラ企画・青年団/
吉本興業株式会社/一般社団法人ナレッジキャピタル/株式会社KMO)

後援

大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、財団法人大阪市教育振興公社、
公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、大阪観光局、
公益財団法人関西・大阪21世紀協会

協力 大阪大学、一般社団法人グランフロント大阪TMO
出演者

ロボビー・桜 稲垣早希(吉本興業)・愛純もえり(吉本興業)・紙本明子・堀夏子・山本裕子・
南波圭・片桐慎和子・川面千晶

スタッフ

舞台美術/杉山至(青年団)
照明/吉本有輝子(真昼)
音響/小早川保隆
音楽/やぶくみこ(青年団)
映像デザイン/山田晋平(青空)
映像製作/ワタナベカズキ
衣装/正金彩(青年団)
ロボット側ディレクター/力石武信(大阪大学石黒研究室)
舞台監督/中西隆雄
意匠制作/SALLY GRAPHICS × STROM
プロデューサー/田崎友紀子(一般社団法人ナレッジキャピタル)

アジア学生クリエイティブEX.

ナレッジキャピタル開業の約半年前に大阪市中央公会堂にて開催された、「ナレッジキャピタル アワードver.0 アジア学生クリエイティブEX.」の企画・プロデュースを担当しました。
ナレッジキャピタルでは、今までに見たこと感じたことのない、新しい価値を生み出していくアワードを開催していきます。そのアワードの先駆け(ver.0)となるイベントです。
日本とアジア4地域の学生が手がけた映像コンテンツの上映や、国内大学約10校による先端テクノロジーコンテンツのエキシビション、世界で活躍するトップクリエイターのトークショーなど様々なコンテンツを展開しました。

 

http://kc-i.jp/award/

  

ナレッジキャピタル アワードver.0 アジア学生クリエイティブEX.

オフィシャル
メディア
パートナー
TIME
参加地域・機関 

・香港/香港サイバーポート
・韓国/韓国コンテンツ振興院
・シンガポール/メディア開発庁
・台北/台北市コンピュータ協会
・日本/一般社団法人ナレッジキャピタル

主催

一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、一般社団法人グランフロント大阪TMO
NTT都市開発株式会社、株式会社大林組、オリックス不動産株式会社、関電不動産株式会社、
新日鉄興和不動産株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、東京建物株式会社、
日本土地建物株式会社、阪急電鉄株式会社、三井住友信託銀行株式会社、三菱地所株式会社

後援 香港サイバーポート、韓国コンテンツ振興院、 シンガポールメディア開発庁、台北市コンピュータ協会、
総務省、経済産業省、外務省、独立行政法人都市再生機構、一般社団法人デジタルメディア協会、
一般財団法人デジタルコンテンツ協会、大阪府、大阪市、大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会、
公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、日本映像学会、
NPO法人映像産業振興機構、公益社団法人関西・大阪21世紀協会、サイバー関西プロジェクト事務局
協力 独立行政法人情報通信研究機構

ナレッジキャピタルトライアル

2013年春に竣工予定のうめきた先行開発区域プロジェクト「グランフロント大阪」の中核施設として、さまざまな「知」が交わり新たな価値を生み出す施設「ナレッジキャピタル」が誕生します。そのナレッジキャピタルの魅力を一足先に見て、体験して、参加し、体感できるイベントとして「ナレッジキャピタルトライアル」の企画と総合プロデュースを担当しました。

ほたるまち「堂島リバーフォーラム」にて、2009–2011年に渡り計3度開催しています。

 

http://kc-i.jp/trial/

 

ナレッジキャピタルトライアル
主催

株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント(現:株式会社KMO)、NTT 都市開発株式会社、株式会社大林組、
オリックス不動産株式会社、関電不動産株式会社、株式会社新日鉄都市開発、住友信託銀行株式会社、
積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、東京建物株式会社、日本土地建物株式会社、阪急電鉄株式会社、
三菱地所株式会社

後援 大阪府、大阪市、総務省近畿総合通信局、経済産業省近畿経済産業局、国土交通省近畿地方整備局、
独行政法人都市再生機構、公益社団法人関西経済連合会、社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、
財団法人大阪21世紀協会、社団法人デジタルメディア協会、財団法人デジタルコンテンツ協会、関西プレスクラブ